■第13課

何ができる? < 練習I > 練習形式:ペア
学習項目 可能動詞 (potentials)
内容 ワークシートに書かれたことができるか、ペアで質問しあう。
所要時間 10〜15分
手順 1. ワークシートを渡す。
2. ペアにしてワークシートの質問を聞きあう。
3. 何分かしたら、違うペアにして質問をしあう。
備考 時間によって、インタビューする人数を調整する。また、自分の聞きたい質問を加えさせてもいい。
ダウンロード L13.potentials.doc / L13.potentials.pdf
→一覧に戻る


何がしてみたい? < 練習IV > 練習形式:クラス全体
学習項目 〜てみる
内容 ワークシートに書かれたことをしたいと思っている人を探す。
所要時間 10〜15分
手順 1. 学生にワークシートを渡し、全員を立たせる。
2. お互いに質問しながら、ワークシートの1〜4をしたい人を探し、当てはまる人がすべて見つかったら席につかせる(全部別の人が理想的)。
3. フィードバックとして、教師は「1番はだれがいましたか」などと質問し、学生は「〜さんが、バンジージャンプがしてみたいです/してみたいと言っていました」のようにレポートする。
ダウンロード L13.temiru.doc / L13.temiru.pdf
→一覧に戻る


クラスメートの日常生活 < 練習VI > 練習形式:ペア
学習項目 頻度 (frequency)
内容 ワークシートに書かれたことをどのぐらいの頻度でするか、ペアで質問しあう。
所要時間 15分
手順 1. ワークシートを渡す。
2. ペアにしてワークシートの質問を聞きあう。
3. 何分かしたら、違うペアにして質問をしあう。
備考 時間によって、インタビューをする人数を調整する。また、自分の聞きたい質問を加えさせてもいい。
ダウンロード L13.frequency.doc / L13.frequency.pdf
→一覧に戻る

面接の質問 < 練習VII > 練習形式:グループ
学習項目 課のまとめ
内容 グループで、求人募集のための質問を考える。
所要時間 20分
手順 1. 3人ぐらいのグループにする。ワークシートを渡す。
2. 教科書47ページのCから好きな会社・学校を選ばせ、そこの人事課の人という設定で、求人募集のための質問を考えさせる。
3. フィードバックとして、どんな質問が出たか、クラスで発表させる。
備考 次の段階として、できあがった質問で実際に面接のロールプレイをする。
ダウンロード L13.mensetsu.doc / L13.mensetsu.pdf
→一覧に戻る

アルバイトの面接 < 会話II > 練習形式:ペア
学習項目 会話IIの応用
内容 テキスト「会話II」のパターンに沿って、アルバイト面接のロールプレイをする。
所要時間 20分
手順 1. ペアにする。
2. 会話にあるパターンを使わせて(ワークシート参照)ペアでアルバイトの面接の会話文を作らせる。アルバイトの種類はペアで自由に考えさせる。
3. いくつかのペアに発表させる。
備考 このアクティビティをする前に、テキストの会話文は導入しておく。
ダウンロード L13.arubaito.doc / L13.arubaito.pdf
→一覧に戻る